sponsored link

最近、本を読んでいますか?

私は、サラリーマンになってから、通勤時、昼休憩、就寝前などによく本を読むようになりました。というのも、読書により得られる効果が絶大だと知ったからです。

そこで今回は、大人が読書することにより享受できるメリットについてまとめておきます。

 

読書の効果

先に結論から言うと、読書には次のような効果が期待できます。

  1. 文章力がつく
  2. 会話力が向上する
  3. ストレス解消
  4. 脳を活性化
  5. 視野が広がる
  6. 知識が増える
  7. アイデアが浮かびやすくなる
  8. 感受性が豊かになる
  9. アルツハイマー病の予防になる

では、各項目について順番に説明していきます。

文章力がつく

まず、書籍をよむことで、文章を書く際に必要な語彙力や表現力を養うことができます。

ビジネスでは、企画書や報告書など書類を提出する機会が多く、文章力が要求される場面が多いと言えます。

論理的で知性の感じられる文章を書くには、語彙力や表現力は必須であり、読書することで普段見慣れない言葉も目に入ってくるので、毎日本を読めば、それだけ語彙を増やすことが可能です。

 

説得力のある文章を短時間で書ければ、仕事のスピードもアップするので、毎日の読書はオススメです。

会話力が向上する

コミュニケーション能力、つまり会話力は文章力と密接に関係しており、文章力が向上することで、相手に自分の考えをわかりやすく伝える力を高めることができます。

また、読書することで、情報を短期的に記憶し、整理しながら理解していく能力も身につくので、相手との会話において、会話の内容を整理しながら、即座に要点を把握することが可能となります。

つまり、読書により話す力と聴く力を同時に鍛えることができるため、会話力が向上するのです。

 

コミュニケーション能力に難のある方は、毎日読書をすることが習慣化すれば、徐々に会話能力が高まることを実感できるでしょう。

sponsored link

ストレス解消に効果的

ストレス解消のために、運動したり、音楽を聞いたりする人は多いですが、実は運動や音楽よりも読書の方がストレスを発散させるのに効果的だということが判明しました。

イギリスの大学の研究成果によると、6分間の読書で68%のストレスを軽減できるというのです。

  • 読書:68%
  • 音楽:61%
  • コーヒー54%
  • ウォーキング42%
    出典:http://www.telegraph.co.uk/news/health/news/5070874/Reading-can-help-reduce-stress.html

というわけで、運動するよりも読書した方が圧倒的にストレス解消には効果的なのです。しかも毎日たった6分間で良いのですから、どんなに忙しいビジネスマンでも実行できますね。

ちなみに、私は、通勤時、昼食時、就寝前に読書するようにしています。

 

脳を活性化

読書は、脳を活性化させる脳トレ効果があり、左脳、右脳、海馬、扁桃体、大脳皮質などの器官を刺激します。

読書は、文字を目で追いながら、内容を理解していくため、言語や論理を司る左脳を多用します。

また、本を読む際には、情景や内容を頭に思い浮かべるため、想像した情報を処理する右脳も働いています。

 

さらに、本の内容を理解しようとすると、直前に読んだページに書かれた情報を一時的に記憶しておく必要があるので、短期記憶を司る海馬の機能も重要となります。

そして、本を読んでいる際に、喜怒哀楽の感情が刺激されると、感情の中枢とされる扁桃体も刺激することになります。

最後に、読書しているときは、自分の過去の記憶や体験を引き合いに出して、比較したり、照合しながら読み進めていくので、大脳皮質も多用されます。

 

このように、読書は脳の様々な器官を使用するため、脳トレ効果も期待できるというわけですね。

 

視野が広がる

読書することで、他人の考え、体験、知識、教訓などの情報を取り入れることができるので、「こんな考え方もあるんだ~」と視野を広げることに繋がります。

自分以外の人間がどのように感じているのか、考えているのかを知ることで、思考の幅が広がるので、より柔軟な発想が湧き出てきます。

自分だけの狭い世界で物事を考えるのではなく、他人の考えにも触れる機会を持つことはビジネスマンにとって非常に重要なのです。

 

知識が増える

高校や大学までは、国語、数学、物理、化学、日本史、世界史、生物、地学、家庭科、体育、音楽、芸術など様々なジャンルの知識を幅広く学びます。

しかし、学生から社会人になると、1つの分野の専門家となるため、知識に偏りが生じてしまい、視野が狭い人間になってしまいます。

そこで、自分の専門分野や得意分野以外の書籍を読むことで、幅広いジャンルの知識を吸収することができます。

 

アイデアが浮かびやすくなる

様々な業界の本を読んで知識が増えると、視野が広がり、考え方に柔軟性が出てきます。

すると、何か新たな商品を開発する際に、アイデアが浮かびやすくなります。

私は、これまでに200冊以上のビジネス書や自己啓発本を読んできましたが、多くの書籍に書かれていた成功法則として、「新しい商品やサービスは、他の分野の知識やノウハウを融合することで、作られることが多い」という項目が挙げられます。

 

そのため、多くの分野の入門書などを読んで、知識を広げておくことは、新しいアイデアを創出するために大切なことだと言えます。

 

感受性が豊かになる

本を読む癖がついたり、本を読んで知識が増えると、世の中の変化や自分が置かれている身の回りの環境の変化に敏感になります。

つまり、外界の刺激やその変化を敏感に感じ取る能力、感受性が豊かになります。

すると、世の中の変化を鋭敏に察知し、周りの人よりも素早く対応できるようになるので、ビジネスで成果を上げられる可能性が高くなります。

sponsored link

アルツハイマー病の予防になる

小さい頃から読書の習慣があり、読書を続けていると、将来アルツハイマー病の予防になるとされています。

読書により大脳に刺激を送ることで、アルツハイマー病の原因となる物質の生成を抑制できるというのです。

将来の健康のためにも、読書は効果的と言えます。

 

まとめ

このように、読書にはメリットしかなく、以下9つの効果が期待できます。

  1. 文章力がつく
  2. 会話力が向上する
  3. ストレス解消
  4. 脳を活性化
  5. 視野が広がる
  6. 知識が増える
  7. アイデアが浮かびやすくなる
  8. 感受性が豊かになる
  9. アルツハイマー病の予防になる

能力開発や自己啓発に興味のない方でも、1日6分の読書でストレス発散効果があるので、是非読書にチャレンジして頂きたいですね。

 

最後に、本を1冊無料で手に入れる方法について紹介するので、気になる本がある方は以下をチェック願います。

 

本1冊を無料で手に入れる合法的かつ確実な方法

先に結論から言うと、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスに無料登録することで、書籍やコミックス単巻、漫画誌などを無料で読むことができます。

 

まず、ユーネクストは、映画・ドラマ・アニメなどの映像作品を12万本以上、雑誌・コミックス・書籍などの電子書籍20万冊以上を扱う日本最大級の動画配信サービスです。

現在、ユーネクストは無料トライアルを実施しており、こちらに無料登録することで、600円分のポイントをゲットできます。

 

例えば、「読書術」という書籍は、通常はユーネクストで429円かかりますが、600円分のポイントを利用することで、無料で手に入れることができるというわけです。

※以下の画像はクリックすると拡大できます。

 

なお、600円より高い作品でも、ポイントを使うことで、その分お得に購入することができます。

例えば、1000円の電子書籍なら、600円のポイントを利用することにより、400円で買えます。

以前から気になっている書籍がある方は、ユーネクストが無料トライアルを行っている今のうちに、早めに登録して、無料で読みたい本を手に入れてみてはいかがでしょうか。

公式ページ⇒U-NEXTに今すぐ無料登録して、本1冊を無料でゲットする!

注意事項:U-NEXTに関する本ページの情報はこの記事を作成した時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。