sponsored link

仕事を効率的にこなしていく上で、相手とのコミュニケーションにおける理解力は必須の能力と言えます。

相手の話の背景や意図を素早く理解することで、仕事のスピードが格段にアップするのです。

では、理解力を高めるにはどうすればよいのでしょうか?

読解力を高める

理解力を高めたいなら、まずは読解力を向上させる必要があります。

というのも、読解力が低い人は総じて理解力も乏しい傾向にあるからです。

例えば、相手との会話をすべて文字に起した場合、そこに書かれた文章から相手の考えや心理を読み解くことができなければ、スピーディーな会話において、瞬時に相手の意図を理解することは不可能です。

 

つまり、理解力を高めるには、読書などにより読解力を高めていくことが効果的と言えます。

ちなみに、私は、就寝前に30分間の読書タイムを設けています。

 

語彙を増やす

相手との会話で知らない専門用語がたくさん出てきてしまったら、会話の全体像や話の内容さえ理解することが困難になります。

例えば、私が新入社員の頃は、先輩社員の会話に登場する専門用語をほとんど知らなかったので、会議などでは、まるで外国語が飛び交っているような感覚に襲われた経験があります。

相手の知的水準が高ければ高いほど、会話に登場する言葉のレベルも高いので、自分の知らない用語が多数出てきたら、早い段階で相手に質問した方がよいです。

 

最も良くないのは、知ったかぶりをして、適当に相槌を打ちながら話を理解したつもりで聞いていることです。聞くは一時の恥なので、さっさと質問しましょう。

そして、会話が終わった後に、知らなかった専門用語などは、すぐに調べてその場で覚えてしまいます。こうすることで、自然と語彙を増やすことができます。

話しを要約する

会話している最中に、理解の相違があってはいけない場面においては、相手の話しを要約して聞き返しましょう。

「要は、…ということですよね?」

特に、他社に仕事の依頼をするなど、お金が絡む場面ではこの要約という作業は必須と言えます。

 

また、相手の話しが長い場合や、話の内容が複雑になってきたら、一旦要約して、相手に投げ返すことで、共通認識を持つことができます。

会話する際に、常に要約して相手に質問することを心がけていれば、そのうち相手の話の要点を押さえる能力が身につき、理解力がぐんと高くなります。

sponsored link

意見を伝える

相手の話しを真剣に聞いていれば、必ず疑問点が生じたり、喜怒哀楽の感情を動かされて、思わず自分の意見を伝えたい衝動に駆られるはずです。

相手の話をしっかり聴くことも重要ですが、自分の意見を積極的に伝えることで、話の内容の理解が深まります。

もちろん、相手が感情的になって話している場合は、とりあえず自分の意見は封印して、最後まで話を聞いてあげましょう。

 

感情的になっている人に理屈を突きつけて説明していると、相手の反感を買うことになります。

感情的に話す人は、とりあえず自分の不平不満を聞いて欲しくて話しているだけです。

 

聴くトレーニングを行う

youtubeなどには、大学講師が無料で講義動画をアップしている場合があります。

このような、少し内容を理解するのが難しいトピックに関する話を聴くことで、理解力を向上させることができます。

ぼーっと動画を視聴しても理解できない場合が多いので、話の内容をしっかり理解するためには、必然的に集中して聴くしかありません。

 

だからこそ、理解力を高めることができるのです。

 

まとめ

ビジネスを円滑に進めるためには、相手の話を理解する力が必要不可欠です。

そして、理解力を高めるためには、以下の5つの方法が有効と言えます。

  • 読解力を鍛える
  • 語彙を増やす
  • 話を要約する
  • 自分の意見を伝える
  • 聴くトレーニングを行う

理解力が低いことでお悩みのビジネスマンは、是非実践してみてください。

sponsored link