父の日のギフトに食べ物を贈りたいのだけど、何を選んだら良いのかと悩んでいませんか?

今回は、父の日のプレゼントとして人気の食べ物をランキング形式でまとめておいたので、ギフトを選ぶ際の参考にしてください。

第5位 和菓子セット

 

比較的リーズナブルなお値段のギフトで満足してもらうならば、和菓子セットがオススメです。特に、父親が60歳を超えているならば、4位から1位で紹介するような高カロリーな食べ物よりも、口当たりが軽くて食べやすい和菓子が好まれる傾向にあります。

さらに、和菓子セットであれば、種類も豊富なので家族団欒を囲みながら、みんなで楽しむことができるため、会話も弾み和やかな雰囲気になることでしょう。名菓の和菓子と言えど3000円~5000円も出せば、上品で高級感のある和菓子セットを購入できます。

お手頃なお値段で父の日のプレゼントを考えているなら、和菓子がオススメです。

sponsored link

第4位 父の日感謝状ケーキ

 

これは、あなたの父親への感謝の気持ちをストレートに伝えるには、うってつけの食べ物と言えます。娘が父親にこんなケーキをプレゼントしたら、お父さんも思わず涙してしまうかもしれませんね。

これは、女性限定のプレゼントです。息子が父親にプレゼントするにはこっ恥ずかしいですし、気持ち悪がられる可能性もあるので、避けたほうが良いでしょう。

お母さんや娘さんがこのケーキとともに、お父さんに感謝の気持ちを言葉にして伝えれば、家族の絆もより一層深まること間違いなしですね。

第3位 うなぎ

 

これから紹介する2位や1位に比べたら、少し安っぽいイメージがありますが、意外にもうなぎは喜ばれるのです。例えば、デパートなどでも父の日が近づいてくると、生鮮コーナーには国産や天然物などの少し高級な「ウナギ」が所狭しと並びます。

もちろん、父の日にプレゼントするわけですから、外国産の安っぽいウナギではなく、国産、できれば天然物のウナギを食べさせてあげましょう。といっても、父の日当日は、うなぎ屋さんは混雑している可能性が高いので、デパートで天然物のウナギを購入するか、お取り寄せをオススメします。

天然物のウナギは養殖よりも脂のノリがよく、口に入れると、舌の上に上質な脂が広がり、噛まなくてもとろけてしまうほど柔らかいのです。外国産で養殖のウナギとは食感も旨味も明らかに異なっているので、お父さんも天然物のウナギを食べると驚き、喜んでくれるはずです。

sponsored link

第2位 ローストビーフ

 

高級なお肉は父の日の贈り物として定番であり、普段は財布の紐を握る妻に安い肉ばかり食べさせられているので、父の日には贅沢なローストビーフを贈ると喜ばれます。

私は、社会人になってから始めてのボーナスで父にローストビーフを贈ったのですが、ビールをプレゼントしたときよりも喜んでくれました。特に、私の父親は会社の健康診断に引っかかっており、普段は食事制限していたため、お肉を存分に食べられなかったので、高級なローストビーフをたらふく食べて大満足だったようです。

父の日のプレゼントに何を贈ってよいのか分からない方は、とりあえず高級なお肉をギフトとしてプレゼントすれば喜ばれること間違いなしです。下手に奇をてらってスイーツなどをプレゼントするくらいなら、王道のローストビーフを贈ることをオススメします。

第1位 マグロ

 

マグロも父の日のプレゼントとしては定番になりつつありますが、大トロや中トロではなく、カマトロがオススメです。やはり、1年に1度の特別な日ですから、日頃の感謝を込めて、奮発しても良いのではないでしょうか。

カマトロは口に入れると、舌の温度で油が溶けて旨味が口いっぱいに広がり、一度食べたら忘れられない味です。お父さんが、回転寿司やスーパーのマグロしか食べたことがないのであれば、カマトロを食べると感動するはずです。

私も去年奮発して父親にプレゼントしたことがありますが、2位のローストビーフよりも喜んでくれました。父からは、毎年カマトロを贈ってくれと言われたほどです。

父親に対する感謝の気持ちをしっかり伝えるためには、やはり普段食べられないような高級な品をプレゼントした方が良いですね。マグロといっても、その辺のデパートやスーパーの父の日セールで高級したようなものでは、お父さんもがっかりします。

年に一度の行事ですから、是非財布の紐を緩くして、お父さんが本当に喜ぶギフトを贈ってあげましょう。

sponsored link