尼川元気さんの出身高校に関してまとめておきます。

尼川元気の出身高校は…

尼川元気さんの出身高校については、近畿大学附属高校だとする説が有力視されており、フランプールボーカル山村隆太も同じ高校に通っていたようです。また、近大付属の偏差値は所属しているコースによって異なり、上は68から下は59となっています。

  • スーパー文理 68
  • 特進文理Ⅰ 65
  • 特進文理Ⅱ 64
  • 英語特化 64
  • 進学 59

尼川さんは、近大付属を卒業後は近畿大学に進学されていることから、偏差値59の進学コースに所属していた可能性が高いと考えられていました。しかし、ファンからは尼川さんが高校時代は特進クラスにいたという情報もあり、特進文理Ⅰか特進文理Ⅱに所属していたようです。

また、尼川さんは高校に入学した当初は頭が良かったのですが、全く勉強をしなかったことで、最終的には学年最下位を取ったというエピソードもあります。そのため、難関校を目指すことを諦めて、付属高校からエスカレーター式に近畿大学へと進学しました。

ただ、いずれにせよ尼川さんの高校時代の偏差値64程度であり、頭が良かったことが伺えますし、真面目に勉強していれば、難関大学に合格できた可能性もあったということです。尼川さんは高校時代から山村さんに、バンドをやろうと誘われたことで、音楽に夢中になっていたようですね。

ちなみに、近大付属といえば有名スポーツ選手を多く輩出していることでも有名です。

sponsored link

近大付属はアスリートも輩出する名門校だ

近大付属は、多くの有名スポーツ選手が在籍していたことでも有名であり、一部を紹介しておきます。

  • 寺川綾
    (水泳選手 ロンドンオリンピック100メートル背泳ぎ銅メダリスト)
  • 山本貴司
    (アテネオリンピック200メートルバタフライ銀メダリスト)
  • 千葉すず(山本すず)
    (元水泳選手。自由形の日本記録保持者 バルセロナ、アトランタ五輪に出場)
  • 入江陵介
    (水泳選手 ロンドンオリンピック100メートル背泳ぎ銀メダリスト)
  • 金田進
    (元プロ野球選手)
  • 藤井彰人
    (プロ野球選手・阪神タイガース)

というわけで、近大付属はオリンピックメダリストも輩出するなど、文武両道の名門校ですね。現在は、大阪桐蔭の影に隠れた存在ですが、最近だと水泳の入江陵介選手が在籍していたことでも話題になりました。

sponsored link