ヒアリの女王アリの生態や特徴、サイズなどについてまとめておきます。

 

女王アリの生態や特徴

まずは、女王アリの生態や特徴について説明します。

 

交尾

ヒアリは雄と雌が交尾することで子供をつくります。

女王アリは、暖かい季節になると、結婚飛行を行い、羽を使って数キロ先まで飛んで移動することができます。

結婚飛行は、春から晩秋まで行われます。

 

この飛行中に交配が行われるのですが、雄は雌と交尾した直後に亡くなってしまいます。

ちなみに、一度交尾した女王アリは、自分の翼はもう必要なくなるので、後に巣をつくったとき、幼虫の栄養分として与えます。

 

コロニー(巣)

交配を終えた女王アリは、新しく巣をつくれる場所を探します。

たいていは、岩や歩道、車道などの亀裂や隙間に巣をつくります。

なお、ヒアリは障害物の下に巣をつくるので、目視で確認しづらいのです。

一方で、畑や公園、芝生などで巣をつくった場合は、地面に高さ15~50センチほどの山のように盛り上がったアリ塚が確認できます。

sponsored link

産卵

女王アリは巣を作った後、子供のための部屋にて24時間以内に10個ほどの卵を産みます。

これらの卵は、おおよそ8~10日ほどで孵化し、働きアリが生まれます。

すると、ここから徐々に巣も大きくなり、6か月が経過する頃には、女王アリは1日に1500個もの卵を産みつけ、働きアリの数は2万匹以上に増えます。

 

なお、女王アリは、一生のうちで200万個もの卵を産むことができるとされています。

そして、最終的には1つの巣に、8万匹以上の働きアリが暮らすことになります。

 

寿命

基本的には、ヒアリが卵から成虫になるまでには、22~38日ほどかかります。

この間は、女王アリと働きアリが協力して子育てをします。

働きアリに成長したヒアリは、途中で捕食されたり人間に駆除されたりしなければ、通常は半年ほど生きることができます。

 

一方で、女王アリは、2~6年と長生きすることができます。

 

主食

ヒアリの働きアリは、小さな昆虫やミミズ、植物、その他死んだ動物などを主食としています。

そして、植物分泌物や蜂蜜などは、女王アリや幼虫の栄養源です。

基本的には、働きアリが女王や幼虫に食べさせる食料を捜索、調達してきます。

 

 

女王アリのサイズ

まず、ヒアリの働きアリは体長2.5~6ミリですが、女王アリは体長約1cmであり、大型なのが特徴です。

 

ちなみに、公園でよく見かけるアリは、クロオオアリとクロヤマアリです。

クロオオアリは7~12ミリ、クロヤマアリは4.5~6ミリであり、普通のアリと大きさはほとんど変わりません。

ただし、クロオオアリとクロヤマアリは黒色をしているのに対して、ヒアリは赤茶色をしています。

 

女王アリが死ぬと巣はどうなる?

巣の女王アリが亡くなってしまうと、子孫を残すことができなくなり、働きアリの寿命とともに巣が滅びてしまいます。

ただし、2匹以上の女王アリが存在している巣もあり、1つの巣に20匹以上の女王アリが発見された例もあります。

新しい女王アリを外から迎え入れたり、一度巣立った女王アリを再び同じ巣に受け入れるケースもあり、長く巣が存続することもあります。

sponsored link