sponsored link

今回は、ニトリのNクール布団の2017年の口コミや評判、および実際に使った感想についてまとめておきます。

Nクール布団の口コミや評判

まずは、Nクール寝具の口コミや評判について紹介します。

Nクールの口コミについては、ストレートで忌憚のない意見を得るために、ツイッターから参考になりそうなコメントを抽出しました。

 

 

ツイッターで「ニトリ Nクール」などと検索し、過去1年分のNクール寝具に関するコメントをチェックしたところ、Nクールの接触冷感機能については、概ね高評価するコメントが多かったです。

Nクールのひんやり感が気持ちいいのは人だけでなく、動物も同じで、敷きパッドをNクールに変えたところ、ペットでその場から動かなくなったというコメントは多く見られます。

ただし、時期やその日の気温・湿度などの条件によっては、Nクールが寒すぎると感じる人もいるようです。

 

Nクールはリバーシブルであり、裏面はパイル生地を使用しているので、寒い日は裏返してパイル側が肌にあたるようにしたり、タオルケットなどと組み合わせる必要があります。

反対に、夜間の気温が高い熱帯夜では、Nクールの接触冷感をもってしても、寝苦しいと感じるというコメントが見られます。

そのため、夏本番をエアコンなしのNクールだけで過ごすのは難しく、クーラーとの併用が必要になりそうです。

 

また、Nクールには冷感の強さによって、Nクール、Nクールスーパー、Nクールダブルスーパーの3種類があるので、自分の体質などによって選び分けることも大切です。

そこで次項では、Nクール寝具の冷感タイプを選ぶ際のポイントについて説明します。

sponsored link

Nクールは3タイプのうちどれを選べばよいのか?

前述の通り、Nクールには冷感の強さによって3つのタイプがあり、Nクール<Nクールスーパー<Nクールダブルスーパーの順番に冷感作用(ひんやり感)が強くなります。

3種類用意されると、結局どのタイプを選べばよいのかと悩む人も多いでしょう。

 

一番ベストなのは、ニトリの販売店へ足を運び、実際に3つの冷感タイプを触り比べてみるのがおすすめです。

ニトリの販売店では、以下の写真のように、Nクール、Nクールスーパー、Nクールダブルスーパーを触り分けて、冷感の違いを比べられるように、生地の見本が用意してあります。

 

 

私は先日、ニトリでNクール肌布団を購入しましたが、その際に3つのタイプを触り比べてみたところ、やはり明らかに冷たさの感じが異なりました。

左から順番に手を置いて比較したところ、Nクール<Nクールスーパー<Nクールダブルスーパーの順番に冷感は強くなっていくのが分かりました。

そのため、Nクール寝具を購入する際には、ネット通販で買うよりも、販売店に出向いて、実際にNクールに触ってみることをおすすめします。

 

私がNクールを購入した理由

 

 

私は迷いに迷った結果、通常のNクールを購入しました。

というのも、NクールスーパーやNクールダブルスーパーだと、エアコンと併用したときに寒いと感じる恐れがあると考えたからです。

また、事前にツイッターでNクール寝具の口コミをチェックしていたとき、「Nクールが冷たすぎて、具合が悪くなる」、「寒すぎて、こごえる」といった意見が散見されたことも気がかりでした。

 

私の場合、痩せ型で基礎体温が低く、冬場は手足が冷たく、どちらかと言えば冷え性に近い体質です。

ただし、さすがに夏の夜にはクーラーを入れないと眠れません。

クーラーはタイマーで切れるようにするので、一般的な夏布団をかけて寝た場合、起床時に汗でベタベタして不快な目覚めになってしまいます。

そのため、適度にひんやり感を感じられるもので、エアコンと一緒に使っても、冷えを感じない掛け布団を探していました。

 

私にとっては、NクールスーパーやNクールダブルスーパーは、エアコンを入れたときに、寒すぎるのではないかと考え、Nクールを選ぶことにしたのです。

sponsored link

Nクール肌布団を使った感想

まず、以下の写真の通り、Nクールの表面には、つるつるとした肌触りの接触冷感生地と少しザラザラしたパイル生地が使われています。

 

Nクール 表面

 

ザラザラと表現しましたが、パイル生地の肌触りはそれほど悪くないです。

パイル生地は、端から約20cmのところまであります。

Nクール 表面

 

そして、Nクールの裏面は、全面がパイル生地で覆われています。

パイル生地は、ふわふわとして温かみがあるので、雨が降って少し肌寒い日や春・秋などにも使えます。

また、エアコンとNクールの組み合わせで寒いと感じる人は、裏返してパイル生地を下にするとちょうどよいのではないかと思います。

 

Nクール 裏面

 

 

通常、夏場は以下の写真のように冷感生地を下にして寝ます。

 

 

実際に使ってみると、ひんやりしていて気持ちよかったです。

冷感生地は、熱があっても外気に触れてしばらくすると、元のひんやりとした状態に戻ります。

ただし、体が触れ続けている箇所は徐々にひんやり感は失われていく印象でした。

特に、胴体が触れている箇所は、少しずつ冷たさが弱くなっていく感じがしました。

 

よって、眠りにつくまでひんやり感を維持するためには、寝返りをうつなどして、触れる場所を適度に変える必要があります。

Nクールの冷感生地は、パイル生地よりも生地表面の温度低下スピードが早いのですが、寝付きが悪い人は、Nクールでも暑いと感じてしまうのではないかと思います。

私がNクールを最初に使用した5月29日は、夜間の部屋の温度が26度だったので、クーラーなしでも快適に眠ることができました。

 

また、起床時にもひんやり感があり、Nクール敷きパッドを使用せずとも、体と敷布団の間にムレを感じることはありませんでした。

 

Nクール寝具とエアコンを併用した感想

5月30日は、就寝時の部屋の気温が28度であり、少し暑かったので、エアコンの設定温度を26度、タイマーを1時間にセットし、Nクール肌布団で寝ました。

エアコンを入れても風が直接自分に当たらないようにしておけば、特に寒いと感じることもなく、ひんやりした気持ちよさが続きます。

また、エアコン無しのときよりも、心なしかNクールのひんやり感がアップしているように感じ、寝返りを打った際に、もともと熱があった場所が元の冷たい状態に戻るのも早い印象を受けました。

 

後で公式サイトを確認してみると、次のような記述があり、やはりNクールとエアコンの併用は、Nクールのひんやり感をアップさせるようです。

 

Q: ずっと触っていると冷たくなくなっちゃうみたいなんですが・・・、どうしたらいいの?

A: 扇風機や冷房を併用して頂くことで、表生地が冷やされてより冷たさを感じて頂くことができるのでおすすめです。

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/N%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%AF%9D%E5%85%B7%E7%89%B9%E9%9B%86

 

Nクールを使用した結果、個人的には、部屋の温度が26度以下であれば、Nクール寝具のみで快適に寝られそうです。

敷きパッドもあれば、エアコンは不要でしょう。

しかし、夏本番に入ってから、特に就寝時の部屋の温度が27度以上になると、私はエアコンがないとNクールだけでは乗り切れそうにありません。

 


追記:2017/6/20

昨日、室温27度で冷房をつけずに、Nクールのみで寝ようとしたのですが、ジメジメとしたまとわりつくような暑さが気になって寝苦しかったです。

さらに、Nクール布団のひんやり感はなく、冷感部分もぬるい感じがして気持ち悪かったです。

やはり、27度を以上になると、私には冷房が必要なようです。


 

そのため、Nクールを購入する際には、エアコンとの併用を前提として検討した方がよいでしょう。

なお、Nクールにはタオルケットもありますが、販売店で試用してみたところ、生地が薄すぎて、エアコンを入れた場合は寒く感じてしまうと思われます。

暑がりな方はNクールのタオルケットもアリだとは思いますが、私はおすすめしません。

 

とりあえず、しばらくはNクール肌布団を使ってみて、梅雨のじめじめした時期や夏場も快適に過ごせるか検証してみます。

また、背中と敷布団の間に熱がこもって寝苦しい場合は、Nクール敷きパッドの購入も検討してみます。

 

Nクール寝具購入を検討している人へのアドバイス

Nクール寝具の購入を考えている方は、まずは販売店で実際にNクールの冷感素材を触ってみて、どれくらいひんやりしているのか確かめてみることをおすすめします。

個人的には、暑がりな方は最初からNクールダブルスーパーを購入した方がよいかもしれません。

Nクールは、最初は確かにひんやりしているのですが、時間が経つにつれて肌が触れている部分は徐々に熱が溜まってしまうようです。

 

Nクールダブルスーパーは、強い冷感が持続するよう特殊な3層構造をとっており、3つのタイプの中で一番ひんやりしています。

また、ひんやりした状態に戻るのも一番速く、冷感の持続性に優れています。

 

以上から、寝付きの悪い方や暑がりな方は、一番冷感が強力なNクールダブルスーパーがよいでしょう。

sponsored link