こんにちは、タケルです。

今回も、前回に引き続き、簡単な雑学について紹介します。

 

アイスクリームやかき氷などを食べたときに頭が痛くなることを、医学用語でアイスクリーム頭痛といいます。

口に冷たいものが入ると、口の周辺の筋肉や血管が収縮します。

そのとき、体は体温が下がったと感じ、一定の体温を保つために血の巡りをよくしようとします。

このとき、血管が膨張して、三叉神経を圧迫します。

また、急激な刺激を受けると、三叉神経核でこめかみ側の神経と口から来ている神経の混線がおき、冷たさを頭痛と受け取ってしまうのです。

 

頭が痛くなる原因は、もう一つあります。

冷たいものを食べると、頭の血管に軽い炎症が一時的に起こることがあり、頭の血管に実際に痛みが起こります。

この場合、炎症が起きてから、数秒後に痛みを感じるので、冷たいものを食べてから時間差がある場合はこちらの原因が大きく関わっていると考えられます。

 

このように、冷たいものを食べたときに、頭が痛くなるアイスクリーム頭痛は、2つの原因のうち、どちらかが起きているか、または両方が同時に起きているためだと考えられています。

冷たいものを食べても、頭が痛くならないようにするには、なるべく強い刺激を与えないように、ゆっくり時間をかけて食べることが効果的です。