ドラマ「キャリア 掟破りの警察署長」の最終回ネタバレを予想したので、まとめておきます。

あらすじ

このドラマのネタバレについて解説する前に、あらすじを確認しておきましょう。

このドラマの主人公は、北町署の新署長である遠山金志郎(玉木宏)です。

遠山は、警視庁の人事部出身でエリート街道を走っていましたが、本人は現場で仕事をすることを希望してきました。

遠山の上司で警視庁警務部長の長下部(近藤正臣)のはからいにより、金志郎は念願かなって北町署の新署長に抜擢されることとなりました。

 

金志郎は、北町署の署長に就任する日、乗り合わせたバスでバスジャックに遭遇します。

しかし、金志郎は、バスジャック犯の持ち物から、あらかじめ事件を起こす可能性が高いと推理しており、巧みな話術により、犯人を説得し、あっという間に事件を解決してしまったのです。

 

金志郎は、一般的なキャリアと異なり、副署長をはじめ、係長の南(高嶋政宏)、新人女性刑事の相川(瀧本美織)にも気さくに接します。

そんな署長らしからぬ振る舞いに、北町署の刑事たちは困惑します。

特に、は、過去に尊敬していた上司がキャリア刑事の指示ミスによって殉職しているため、キャリア警官に対して強い反発心を持っています。

 

金志郎が北町署に配属された日、南たちは、指名手配中の連続強盗犯の谷口の行方を追っていました。

しかし、捜査は暗礁に乗り上げており、手がかりがつかめない状況でした。

そんなとき、金志郎は刑事課に立ち寄り、手配犯の谷口は街の落書きとつながりがあると助言したのです。

 

金志郎いわく、落書きは被害通報件数1位であり、街の治安の悪化は落書きが影響しているというのです。

しかし、南は捜査に口出ししないで欲しいと言い、金志郎の提案を一蹴します。

そこで、金志郎は、新人刑事の相川を引き連れて、独自に落書き被害の現場調査を行うことにしたのです。

最終回までのネタバレ

金志郎たちは、現場を1箇所ずつ回って、落書きを掃除することにしました。

すると、落書きの中にEや3などのアルファベットや数字が隠されていることに気付いたのです。

その後、金志郎たちが街中の落書きを消して回っていることが、北町の町民の知るところとなり、市民たちの中から、落書き消しを手伝う人も現れ始めました。

その中の1人で、バスジャック事件のときに金志郎と一緒にバスに乗っていたヨガ教室の先生・加納理香(知花くらら)は、事件のときに、手袋をした、薬指と小指のない不審な人物を目撃していたことを金志郎に話しました。

 

さらに、金志郎は、制服警官の青木忍(松本岳)から、バスジャック事件のとき、身元不明の財布が1つだけ残っていたと報告を受けます。

 

金志郎は、バスに乗っていた不審人物の特徴が手配犯の谷口に似ていることから、バスに乗車していた可能性があると判断します。

さらに、金志郎と相川は、警察が捜査網を敷いているのに、谷口が捕まらないのは、谷口が整形しているからではないかと推察します。

金志郎の推理により、事件は進展を見せることになります。

 

連続強盗事件の捜査が動き出してからも金志郎たちは、北町の落書きを消して回っていました。

すると、また落書きの中に、M,L,Hといったアルファベットが隠されているのを見つけます。

それから、金志郎と相川が次の落書き現場に向かうと、少年がまさに壁に落書きしようとしているのを発見します。

 

金志郎たちは、その少年を警察に同行し、聞き取りを行うことになりました。

少年は、ストレス発散のために落書きを行っていたといいます。

金志郎は、落書きの中に混じっていた暗号は、「HELP ME」だと解読しており、少年からのSOSを求める暗号だということに気づいていました。

金志郎は、少年に「君のことは、僕が必ず守る。」といいますが、少年はそれ以上何も話さず、後日再度話しを聞くことになりました。

 

翌日、金志郎は少年の自宅を尋ねますが、誰もおらず、窓ガラスが割れていることに気づきました。

そして、金志郎は少年を探すために、街を捜索していると、バスジャック事件のバスに乗車していた手配犯の谷口を発見します。

すると、谷口は、金志郎をナイフで切りつけて、そのまま逃走してしまいました。

 

それからすぐに、金志郎のもとに、少年から電話が入り、「あいつらに殺される。」と助けを求めてきました。

「近くの廃ビルにいる。助けて。」と言い残し、そこで電話が切れてしまいました。

ここで、金志郎は相川に電話して、手配犯の谷口を見つけたと連絡し、南たちが現場に急行します。

 

金志郎は相川に電話した後、谷口の捜索と逮捕を南たちに任せ、自分は少年がいる廃ビルを見つけ出しました。

そのとき、少年は不良高校生たちに、ナイフをつきつけられ、脅されています。

金志郎が駆けつけますが、警察官とは思えないほどひ弱で、高校生たちに応戦しますが、やられそうになってしまいます。

 

そこに、相川が駆けつけ、高校生たちを投げ飛ばして、一瞬で制圧してしまいます。

金志郎たちは、無事に少年を助けることができました。

そして、金志郎は少年のジャケットに書かれたM.Iというロゴを見たとき、ピンときたのです。

金志郎は、相川に、谷口の行き先がわかったといい、南たちに電話するよう指示します。

 

実は、少年が落書きしていた場所の1つに谷口のアジトがあり、落書きのメッセージは当初は「HELP MI」でした。

しかし、谷口がアジトの倉庫の扉を開ける際に、「HELP MI」のIの文字を手袋で触ってしまい、IがEに変化していたのでした。

南たちが、谷口の潜伏先に到着し、谷口はあっけなく逮捕されました。

最終回ネタバレ予想

金志郎は、相川とコンビを組む形で、難事件を次々と解決へと導いていきます。

最初、北町署の刑事たちは、型破りなキャリアの金志郎に困惑してばかりでしたが、徐々に金志郎のことを信頼するようになります。

ただ、南だけは、過去に尊敬する上司をキャリアの指示ミスで失っていることから、金志郎のことを信用できずにいました。

 

1話では、女刑事の相川が、過去の事件で母親を失っている場面が描かれていたので、このとき逮捕されなかった犯人が最終話で登場し、伏線を回収するという流れになるのではないでしょうか。

最終話では、対立していた南と金志郎の2人が協力することで、事件が解決する展開になると予想しています。

もしくは、金志郎が信頼をおいている警視庁の長下部が、過去の警察の不祥事に関与していることが発覚し、金志郎自身が長下部に不正を告発するよう説得し、警視庁の闇の部分が明らかになるという結末も考えられます。