sponsored link

ケーキなどを購入した際に一緒についてくる保冷剤ですが、中身に毒性のある成分などは含まれていないのでしょうか?

というのも、保冷剤を冷蔵庫で保管していると、外袋が破れて中身が漏れてしまうことがあります。

このような場合、素手で触っても問題ないのでしょうか?

保冷剤の中身は…

まず、保冷剤はおよそ98%が水分であり、残りの2%が高吸水性ポリマーと呼ばれる物質です。高吸水性ポリマーは、水を固めるために用いられており、紙おむつなどによく使われています。

では、高吸水性ポリマーに毒性などはないのでしょうか?

高吸水性ポリマーの性質

高吸水性ポリマーは、名前の通り、吸水性に優れた高分子であり、自分の重さの500~1000倍もの水を吸収することができます。そして、吸水すると上の図に示した通り、ゼリー状になり、その状態を保持することが可能です。

この高吸水性ポリマーは手で触れても人体に影響はありませんが、誤って誤飲した場合は、ポリマーが体内の水分を吸収するため、胸のつかえや咳込みなどの症状が表れる場合もあります。

また、喉に詰まってしまったり、腸で行き場を失うことも考えられるので、いずれにせよ誤飲は危険です。

さらに、高吸水性ポリマーにはエチレングリコールという有毒物質が使われている製品もあるので注意が必要です。

エチレングリコールの危険性

エチレングリコールが含まれた保冷剤を誤飲した場合、肝臓で代謝されて、有毒物質が発生し、意識混濁、過呼吸、腎不全などを引き起こす危険性があります。エチレングリコールは甘い味がするとされており、ペットなどが保冷剤の袋をかじって口にしてしまい、中毒症状を起こす事故が後を絶たないのです。

さらに、最近では認知症の患者が病院の保冷枕を破って、保冷剤を誤飲してしまい、意識障害を引き起こした事件もありました。

保冷剤の処分方法

保冷剤は、先に説明したように高吸水ポリマーが含まれていますから、紙おむつと同様に、可燃ごみとして扱われます。

ただし、不燃ごみとして扱う自治体もあるので、お住まいの地域のゴミ処分方法を確認してください。

また、保冷剤の外袋が破れて、中身が飛び出した場合は、シンクやトイレに流してはいけません。

高吸水ポリマーが周りの水分を吸収して膨張し、固まるので、排水管の中で詰まってしまう恐れがあるからです。

まとめ

保冷剤は98%が水分であり、2%が高吸水性ポリマーです。

高吸水性ポリマーは手で触れても人体に悪影響はないので、保冷剤の袋が破れてしまった場合は、素手で処理しても問題ありません。

ただし、保冷剤のなかにはエチレングリコールが含まれている製品もあるので、ペットや小さいお子さんのいるご家庭では、誤飲に注意してください。

sponsored link