ドラマ「IQ246華麗なる事件簿」の最終回のネタバレを予想したので、内容をまとめておきます。

あらすじ

このドラマのネタバレについて解説する前に、あらすじを確認しておきます。

主人公は、貴族の末裔である法門寺沙羅駆(織田裕二)です。

法門寺家は、代々あらゆる学問を研究しており、特に犯罪に関する研究に力を注いできました。

そのため、様々な学問において幅広く、深い専門知識を有しています。

 

そして、法門寺家の長男には、代々IQ246という卓越した頭脳が遺伝するとされており、89代目の当主である沙羅駆も、歴代の当主と同じようにIQ246の知能を受け継いでいます。

これまで、時の権力者たちは、法門寺家がその圧倒的な頭脳と豊富な知識を悪用したり、反政府組織などに悪用されることを恐れていました。

そのため、法門寺家は800年以上も鎌倉に住まわされ、国家からその存在を監視されるほどでした。

現在でも、警視総監の命令にて、特別な護衛係りが法門寺家を監視しています。

 

沙羅駆は、その天才的な頭脳を駆使して、これまで様々な難事件を解決してきました。

しかし、最近では、自分の頭脳を使うに値する事件が起きず、暇を持て余していたのです。

 

そんなとき、警視庁の新米女刑事・和藤奏子(土屋太鳳)が、凶悪事件を担当する捜査一課に配属されてきました。

しかし、奏子の任務は事件の捜査ではなく、法門寺家の護衛であり、沙羅駆が事件に首を突っ込まないよう監視するのが役目です。

 

あるとき、沙羅駆は、暇に耐えかねて、こっそりと自宅を抜け出し、鎌倉の街を優雅に観光していました。

そこで、女性が他殺体で見つかった事件に出くわします。

沙羅駆は、鋭い洞察力と観察力を駆使して、犯人像、犯行の手口、被害者の人物像などを推理し、言い当ててしまいます。

現場にいた刑事の今市種子(真飛聖)と山田次郎(宮尾俊太郎)は、沙羅駆の鮮やかな推理に舌を巻きます。

 

その後、沙羅駆が自宅に戻ると、資産家で知られる桜庭家の奥様がやってきました。

住み込みで働かせていた寿司職人の宮島という男が突然失踪したので、探して欲しいというのです。

沙羅駆は、この失踪事件に全く興味を示さず、自分が解くに値しないと考えていました。

ただ、奥様に恐ろしい形相で詰め寄られたため、断りきれず、桜庭家に向かうことにしました。

 

沙羅駆は、早速桜庭家の使用人や家族から、宮島に関する聞き込みを開始しました。

そして、沙羅駆は、失踪した宮島の厨房を調べたところ、宮島が愛用していた包丁と砥石が残されていたのを発見し、急に事件に関心を寄せ始めたのです。

 

その夜、沙羅駆は桜庭家の夕食会に招待されました。

そこで、ディナーの主賓であるCMプランナーの早乙女伸(石黒賢)と挨拶をかわします。

ディナーが終わりに差し掛かった頃、早乙女に1本の電話が入りました。

早乙女の会社に強盗が入り、部下が殺害されてしまったというのです。

そのため、早乙女は、急いで会社に戻ろうとします。

沙羅駆は、この強盗殺人に興味をかきたてられ、早乙女の会社について行くことにしました。

最終回ネタバレ予想

「IQ246華麗なる事件簿」は、1話完結型のミステリードラマです。

各回において、沙羅駆が膨大な専門知識と推理力を駆使して、事件を解決していきます。

今回は、最終回の展開と結末を予想しました。

 

警視総監の棚田文六(篠井英介)は、警察の事件に首を突っ込む沙羅駆のことを疎ましく思っていました。

さらに、沙羅駆は捜査一課が担当する事件に頻繁に関わることで、警察の内情にも詳しくなっていたのです。

文六は、沙羅駆に、過去に自分が隠蔽工作を行った事件を突き止められることを恐れ、沙羅駆に殺人の濡衣をかぶせようと画策します。

 

しかし、企てはあえなく失敗に終わり、過去の隠蔽についても、沙羅駆に解き明かされてしまいます。

文六は、現役の大物国会議員から、その息子が起こした交通事故をもみ消すよう依頼を受け、全く罪のない一般人を犯人に仕立て上げていたのです。

この事件が明るみになり、文六は、警視総監の職を解任され、国会議員も辞職に追い込まれました。

最後は、このような形でハッピーエンドとなるのではないでしょうか。