ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回のネタバレを予想したので、まとめておきます。

あらすじ

このドラマのネタバレについて説明する前に、あらすじを把握しておきましょう。

「逃げるは恥だが役に立つ」の主人公は、25歳の森山みくり(新垣結衣)です。

みくりは院卒の経歴を持ちながら、就職活動に失敗し、派遣社員になったものの、派遣切りにあい、再就職先を探していました。

そんなみくりを見かねた父親の栃男(宇梶剛士)は、元部下で独身会社員の津崎平匡(星野源)が家事代行を探していることを知り、みくりを紹介しました。

そして、みくりは津崎のもとで家事代行として働きはじめます。

 

津崎は、真面目な性格ながら、気難しい一面があり、35歳にして恋愛経験ゼロでした。

しかし、みくりとは妙に気が合い、真面目な働きぶりも手伝って、津崎はみくりに信頼を寄せるようになります。

みくりもまた、家事をこなしたときに、津崎からの「ありがとう。」というお礼の言葉が聞けるのを嬉しく感じていました。

そして、家事代行という仕事に、やりがいも感じ初めていたのです。

 

そんな折、みくりが自宅に戻ると、母親から、今年父親が定年したら、2人で田舎に引っ越して暮らそうと考えていることを告げられました。

みくりは、両親についていくかどうか悩みました。

今の家事代行の仕事を失うことや将来への不安もまた押し寄せていました。

 

そこで、みくりは、自分の現状を津崎に相談し、アドバイスを求めることにしました。

正社員の仕事が見つからず、このままだと田舎に両親と引っ越すことになると…。

そして、話の流れから、みくりは思わず、「住み込みで家政婦をさせていただくことはできませんか」、

「いっそのこと就職という意味で、結婚するのはどうですか?」と津崎に大胆な提案をします。

 

津崎は、いったんは断ったものの、よくよく考えてみると、これはチャンスだと思いました。

これまで女性と付き合ったことがなく、気難しい自分が、自分と波長が合い、美人で、気立てもよく、家事もこなせる女性とこの先出会う機会などないと考えていたからです。

また、女性と一つ屋根の下で暮らすことで、女性のことを知れる絶好の機会だと。

そこで、津崎は、夫を雇用主とし、妻が従業員となる契約結婚を了承したのです。

 

こうして、みくりは、津崎の家で仮面夫婦としての同居生活を開始したのでした。

最終回までのネタバレ

ここからは、原作の内容をもとに最終回までの内容を解説していきます。

 

ゲイの沼田にバレた!!

みくりと津崎は、籍は入れずに、一緒に暮らす事実婚の形で契約を結びました。

そして、結婚式はあげず、親族で食事会を開き、両親に結婚を報告したのです。

2人が契約結婚してしばらく経つと、津崎の会社の同僚が、新婚家庭を見たいと言い出し、週末に津崎の後輩でイケメンの風見(大谷亮平)、ゲイの沼田(古田新太)がやってくることに。

ここで、みくりは、1つ心配なことがありました。

それは、津崎の寝室です。

2人は仮面夫婦なので、寝室は別であり、みくりは津崎と一緒に寝ていないので、津崎の寝室のベッドはシングルです。

 

当日、みくりは得意の料理で風見と沼田をもてなし、良き妻を演じました。

そして、2人で幸せオーラを出しつつ、なんとかその場をやり過ごすことができました。

しかし、ゲイの沼田は、2人に新婚感がないことや微妙な距離感があること、2人で撮った写真が少ないことなどから、仮面夫婦ではないかと勘付いていたのです。

 

そこで、沼田は2人の隙を突いて、こっそり津崎の寝室をチェックしていました。

案の定、シングルベッドだったことから、2人が結婚していないことを確信したのです。

沼田は、そのことを2人には黙っていたものの、風見にはこっそり伝えていました。

「津崎さんところって仮面夫婦ですか?」

ある日、風見は「津崎さんのところって、仮面夫婦ですか?」と津崎に質問し、結婚しているのにシングルベッドを使っている理由を確かめようとしました。

津崎は、風見の唐突な質問に驚きつつも、否定も肯定もせず、その場をやり過ごします。

 

その夜、津崎はみくりに、「風見さんのことどう思う?」と尋ねました。

「好きですよ。沼田さんと同じくらい。でも、一番好きなのは平匡さんですけど。」

津崎は、みくりにイケメンの風見より、自分を選んでくれたこと、初めて下の名前で呼んでくれたことを嬉しく思い、思わず笑顔がこぼれそうになりますが、そこはグッと気持ちをこらえて、「そう。」とそっけない返事をするにどどめました。

 

みくりが風見の家事代行を引き受けることに

風見は、契約結婚に興味を持っています。

以前、津崎に仮面夫婦について尋ねたとき、津崎が否定しなかったことから、津崎とみくりが契約結婚していることを確信しています。

風見は、思い切って、津崎にこんなお願いをしました。

僕もみくりさんをシェアさせてください。

 

その夜、津崎は、みくりに、風見に契約結婚のことがバレてしまったこと、風見がみくりに家事代行をお願いしたいと言っていることを相談しました。

そして、風見の家事代行については、みくりの判断で決めていいとも。

 

みくりは、お給料が増えるならと、風見のお世話もすることにしたのです。

 

津崎とみくりの関係にヒビが…

みくりは、風見の家事代行を行うようになったことで、仕事量が倍増し、毎日クタクタになっていました。

津崎は、みくりの疲れている姿を見て心配になりますが、素直に「大丈夫?」と声をかけることができません。

みくりもまた、夫でありながらも雇用主である津崎に、愚痴をこぼすことができず、少しモヤモヤとした気持ちを抱えていました。

 

そして、津崎は、会社で風見からみくりの働きぶりや前日の夕食が美味しかったなどの話を聞かされるたびに、みくりが風見と何を話しているのか気になって仕方ありませんでした。

その夜、津崎は、風見への嫉妬心からみくりに、「風見さんといるのが楽しいなら、僕の家の家事代行はやめてもいいですよ。」と言ってしまいます。

 

「その言い方ずるいです。平匡さんがどうしたいのか教えてください。」とみくり。

「僕は、どちらでも構いません。」と津崎。

 

このとき、みくりは、津崎のことを面倒な男だと感じました。

「私の恋人になってくれませんか?」

津崎との関係がギクシャクし始め、みくりは思い悩んでいました。

ある日、みくりは、「恋人を作ろうと思っていまして、私の恋人になってもらえませんか?」と津崎に突拍子もない提案をします。

津崎との契約結婚の条件では、お互い別に恋人を作って良いことになっています。

 

津崎は、突然のみくりの提案に驚きつつも、「みくりさんにとって、恋人の定義はなんですか?」と冷静に聞き返します。

「友達では埋められない穴を埋めたり、スキンシップなどをする相手です。」

 

「それでは、公私混同になってしまいます。職場とは言えないですよね。」と津崎。

 

「もちろん、仕事中はなしで、勤務時間外だけでけっこうです。毎日とは言いません。」とみくり。

 

このとき、津崎は内心では、みくりの提案を嬉しく思っていました。

しかし、最近2人の関係がよくないことやみくりが突然このような提案をする真意が読めず、素直に受け入れることができなかったのです。

津崎は、みくりの提案をいったん断りました。

 

その後、会社では津崎が仮面夫婦だという噂が流れており、津崎は肩身の狭い思いをしていました。

これは、沼田や風見が言いふらしたわけではありません。

みくりと津崎が、新婚にもかかわらず、2人で外出しているのをほとんど見かけないことや、津崎が妻であるはずのみくりの趣味を知らないことなどが原因でした。

 

津崎は、仮面夫婦だと周囲から思われるのは、みくりと恋人感がないことが原因だと考え、みくりの提案にのって、恋人感を出すのも悪くないと考えるようになりました。

そこで、津崎はみくりと定期的にスキンシップをとることを受け入れたのです。

 

ハグする日

津崎は、月に2回、第二、第四金曜日にみくりとハグすることを決めました。

津崎は、生まれて初めて、女性をハグしたことで、みくりへの不満も消え、次のハグの日が待ち遠しいと感じるようになっていました。

 

ある日、みくりと津崎は、風見たちのすすめで、新婚旅行へと出かけることになりました。

みくりは、津崎との距離を一気に縮める絶好のチャンスだと思っていましたが、津崎のテンションはいつも通り、低いままです。

さらに、旅館でもダブルベッドがあるのに、津崎はみくりに寄り添うこともなく、夜にはすやすやと寝てしまう始末です。

 

みくりは、自分が津崎から全く女性として見られていないことに少し落ち込みます。

帰りの電車の中、みくりは津崎に「手をつなぎませんか?」と提案します。

津崎は、「いいですよ。」と答え、2人はしばしの間、手をつなぎました。

 

津崎は、温かく、思ったよりも小さいみくりの手に触れ、嬉しかったのですが、いつものように、自分の気持ちをみくりに悟られないよう、冷静をよそおいます。

みくりは、手をつなげたことで、2人の関係の進展に少し期待しますが、常に自分からリードする展開に疲れていました。

 

突然のキス、嬉しいみくり

電車が駅に到着し、みくりが降りようとしたとき、津崎はみくりの手を引き、なんと突然みくりにキスをしたのです。

みくりは、突然のキスに驚きつつも、津崎が自分のことを女として見てくれていたことを嬉しく思いました。

このとき、津崎は、自分でもなぜ、みくりにキスをしたのか分かっていません。

ただ、みくりの切ない表情を見て、何だか切なく、愛しい気持ちになり、思わずキスしてしまったのでした。

 

不器用な津崎

津崎は、勢いでみくりにキスしたものの、次にどういう展開に持っていくべきか悩んでいました。

また、津崎は、これまでみくりに自分の気持ちを悟られないようにしていましたが、キスしたことで、自分がみくりを女として見ていることがバレてしまいました。

そのことが恥ずかしくて、みくりと顔を合わせたとき、何を話せばよいのか分からず、次第に2人の会話は減っていきました。

 

みくりもまた、キスがキッカケで津崎との仲が深まることを期待していましたが、新婚旅行後は、またいつもの冷静で、感情表現の乏しい津崎に戻っていたため、津崎の気持ちが掴めずに困っていました。

その後、津崎は、みくりとのハグの日に飲み会を入れて、ハグから逃げ出しました。

 

みくりの不満

ある日、みくりの母が骨折したとの知らせが入り、2人はみくりの実家へと向かいました。

母親が松葉杖のため、みくりは家事を手伝い、その日は2人で実家に泊まったのです。

ここで、みくりは、ハグの日から逃げた津崎に、ハグを迫りました。

 

すると、津崎は、それに応じ、みくりを抱きしめました。

津崎は、みくりに触れることで、それまでのモヤモヤしていた気持ちが晴れていくのを感じます。

 

みくりは、思いのほか、津崎が強く抱きしめてきたので、みくりも津崎を強く抱きしめました。

みくりは、不器用で、少しずるい津崎を愛おしく思っていました。

 

2人結ばれる

みくりと津崎の関係が良い方向へ向かい始めていたとき、タイミングよく、第四金曜日がやってきました。

みくりは、津崎をハグに誘います。

そのとき、みくりは、思い切って、津崎の首に手を回してみました。

 

このとき、津崎はみくりにキスしたい衝動に駆られますが、みくりがキスを受け入れてくれるか不安だったため、行動できず、しばし時間が流れます。

みくりは、ゆっくりと体を離し、少し笑いました。

 

みくりの笑顔がたまらなく可愛かったので、津崎は我慢できず、キスしました。

みくりは、奥手で不器用な津崎がたまらなく愛おしかったのです。

 

先走ったみくり

次のハグの日、みくりはハグしている最中に、こんなことを尋ねました。

私とそういうことしたいですか?

「いえ。」

津崎は、みくりの質問を冷たい言葉であしらい、自分の部屋へと戻りました。

これまで女性と付き合ったことのない津崎は、急な展開についていけず、またそういう場面で、自分はうまく立ち振る舞うことができるか不安だったので、せっかくのみくりの申し出を断ってしまったのです。

 

この件がキッカケで、また2人は仮面夫婦の状態に逆戻りしてしまいました。

「嬉しい、けど…」、みくりの葛藤

その後、津崎の誕生日の日がやってきました。

津崎は、みくりとの仲を修復したいと考え、新しいルールを作ることを提案しました。

みくりは、例の一件で、津崎から雇用関係を解消されるのではないかと心配していたので、クビにならず一安心でした。

 

そして、みくりは嬉しさのあまり、津崎に抱きつき、思わずこんな本音を漏らします。

「大好きです。平匡さんも私のこと好きになればいいのになって思います。」

 

すると、津崎は「好きですよ。」と言って、みくりにキスしました。

2人は抱き合い、「平匡さんと恋人のようにイチャイチャしたいです。」とみくり。

 

僕の部屋で、添い寝しますか。

 

その後、2人は津崎の部屋へ行き、結ばれました。

 

それからは、毎週末、2人はハグし、土日はイチャイチャして過ごしました。

みくりは、津崎と恋人になれたことを喜んでいましたが、プライベートと仕事の境目がわからなくなりつつあることを心配していました。

 

プロポーズ

津崎は、みくりとラブラブした生活を続けているうち、みくりと結婚したいと考えるようになっていました。

そこで、津崎は、みくりに、風見の家事代行の仕事をやめて、自分と結婚して欲しいと告げたのです。

みくりは、津崎のプロポーズを嬉しく思いつつも、結婚すると、生活はできても、自分に現金収入がなくなってしまうことを不安に思っていました。

 

そこで、みくりは、自分の気持ちを全部津崎に打ち明けました。

家事代行の仕事にやりがいを感じていること、今までは津崎からお金をもらっていたから完成度の高い家事ができていたこと、結婚後に収入がなくなることへの不安、結婚後も働きたいこと。

 

すると、津崎は、「2人で話し合って、お互いにとってフェアなルールを決めよう。」と、みくりの考えを尊重することを告げました。

 

後日、みくりは、津崎のプロポーズを受けたのです。

突然の転職

津崎の会社では、経営陣が刷新されたことで、津崎の働く部署が縮小されることになりました。

同僚たちが次々と転職していくなか、津崎は、新しいことに挑戦したいという気持ちもありましたが、みくりとの生活のこともあり、どうするか決め兼ねていました。

 

津崎は、みくりに、転職のことを相談しました。

転職すると、給料が今よりも下がる可能性があることも伝えましたが、みくりはそれでもいいと言ってくれました。

転職のことが落ち着くまでは、結婚を先延ばしにしてもいいですよ。

また、状況が落ち着くまで、結婚を先延ばしにすることも了承してくれたのです。

津崎は、みくりの後押しもあり、転職を決めました。

 

 

津崎の転職先は、今住んでいるところから少し遠いので、引っ越すことになりました。

津崎は、転職先も決まり、引っ越すのなら、その際に籍も入れてしまってはどうかとみくりに提案したのです。

しかし、みくりは、自分の仕事先が決まっておらず、急な展開についていけず、しばらく距離をおきたいと、津崎に伝えたのです。

別居

みくりは、津崎と一緒に引っ越しはせず、友人宅に住まわせてもらい、家事代行の仕事のときだけ、津崎の家へと行くことにしました。

みくりは、風見が遠方の会社に転職したことで、風見の家事代行の仕事を失い、今では津崎の仕事のみとなっていました。

そのため、収入が下がり、津崎の給料も下がることで、将来に不安を感じていました。

 

その後、みくりは、収入を増やすために、友人が切り盛りする商店を手伝うことになりました。

みくりが津崎と別居して、1ヶ月が経とうとしています。

 

 

ここまでが、「逃げるは恥だが役に立つ」の原作コミックをもとに、予想したドラマの内容です。

最終回ネタバレ予想

ここからは、最終回のネタバレについて解説します。

みくりは、友人の商店を手伝うことで、家事代行以外の仕事を経験し、近所の人から顔を覚えてもらえたり、声をかけてもらえることを嬉しく感じるとともに、自分に自信が持てるようになってきました。

 

津崎はというと、みくりと一緒にいる時間が減ったことで、少し寂しさを感じながら、日々を過ごしていました。

津崎は、みくりが別居したのは、自分が男として頼りないことが原因だと考えており、今ではみくりに任せきりだった炊事洗濯も行うようになりました。

 

2人は、別居しているものの、週末にはデートして過ごしています。

みくりは、今の距離感がお互いにとって、最も良いのではないかと感じていました。

津崎は、すぐにでもみくりと結婚したいと考えていましたが、みくりがその気になってくれるまで、ゆっくり待とうと考えていたのです。

 

というわけで、みくりと津崎の結婚というベタな結末ではなく、お互い少し距離をおきながら、遠距離恋愛を続けるという流れで締めくくられるのではないでしょうか。