バター、マーガリン、ファットスプレッドは、我々が普段何気なく食べている乳製品ですが、これらの違いをご存じですか?

最近では、以下のようなキャッチフレーズのマーガリンが登場しており、マーガリンとバターの違いがますますわかりにくくなっています。

  • バター風味マーガリン
  • バター派のためのマーガリン
  • バター仕立てのマーガリン

というわけで、今回はバター、マーガリン、ファットスプレッドの違いについて解説していきます。

バターの基礎知識を知る

では、まずはバターの基礎知識を押さえておきましょう。

バターの製造方法

牛乳を容器に入れて、静かに置いておくと、乳脂肪が徐々に表面に浮いてきて脂肪層を形成します。これは、乳脂肪が牛乳中の他の成分よりも軽いためであり、乳脂肪の層はクリームと呼ばれています。

クリームを牛乳から分離した後、撹拌機に入れて強くかき混ぜ、脂肪の塊を作ります。この塊をよく練り上げて、脂肪分以外の液体(バターミルク)を除去し、最後に塩などで味を整えるとバターの完成です。

ちなみに、バターはおよそ4000年前のインドや西欧で製造されていたと言われており、製造原理は昔とほとんど変わらないのです。

ここでは、バターは牛乳に含まれる脂肪分から作られていることを理解しておきましょう。

sponsored link

バターの規格

乳製品の省令によると、バターは乳脂肪分が80%以上であり、水分が17%以下となっているので、この規格から外れた製品はバターでも、乳製品でもありません。

そのため、バターは牛乳の脂肪分から作られており、その乳脂肪が8割以上含まれていないとバターとは呼べないのだと理解しておきます。今後、バターを購入する際には、パッケージで乳脂肪の含有率を確認してみてください。

マーガリンの基礎知識を知る

次に、マーガリンの製造方法と規格を確認しておきましょう。

マーガリンの製造方法

マーガリンは、とうもろこしから採取される「コーン油」や大豆から採取される「大豆油」などの植物油脂が原料です。まず、食塩や粉乳などの副原料を水に溶かした液体と植物油脂(植物油)を混ぜあわせます。これを冷却しながら練り上げて固めると完成です。

そもそも、マーガリンは約140年ほど前にフランスでバターの代用品として考案されたものであり、味と風味はバターに劣ります。ここでは、マーガリンは植物油から作られていると覚えておきましょう。

マーガリンとファストスプレッドの規格

マーガリンにはJAS規格が定められていて、油脂含有率が80%以上、乳脂肪含有率は40%未満、水分17%以下です。

そして、マーガリンによく似た「ファストスプレッド」は油脂含有率が80%未満かつ乳脂肪含有率は40%未満と定められています。

また「カロリーハーフ」と表示されたマーガリンに似た製品もありますが、これは低カロリーにするために乳脂肪や油脂の含有率を落とし、代わりに水分を多くしているだけであり、マーガリンではないものが多いです。

いずれにしても、油脂含有率が80%以上ないと「マーガリン」という表示はできないのです。

ここでは、マーガリンは植物油の含有率が80%以上であり、ファストスプレッドは80%未満と覚えておきましょう。

バター、マーガリン、ファストスプレッドの違い

まず、バターとマーガリンの違いについてですが、色や質感などは似てますが、そもそも原料が異なっています。バターは牛乳の脂肪分を固めたものであり、マーガリンは植物油に水や粉乳などを混合して、練り合わせた加工食品です。

つまり、バターは乳脂肪が原料であり、マーガリンは植物油が原料ですね。バターには乳脂肪分が80%以上、マーガリンには植物油脂が80%以上含まれている必要があります。

次に、マーガリンとファストスプレッドの違いは、植物油の含有率です。マーガリンは油脂含有率が80%以上であり、ファストスプレッドは油脂含有率が80%未満と定められています。

マーガリンは味や風味ではバターに劣りますが、バターよりもやわらかくなめらかなので、他の食材などを練り込みやすく、チョコレート味やガーリック味などバリエーションが豊富なのです。

ファストスプレッドは油脂の含有率がマーガリンよりも低いので、軽い味わいが特徴です。

まとめ

バターとマーガリンの最大の違いは原料であり、バターは牛乳の乳脂肪、マーガリンは植物油から作られています。そして、バターには乳脂肪が80%以上、マーガリンには植物油が80%以上含まれている必要があります。

また、マーガリンとファストスプレッドの違いは、植物油の含有率であり、マーガリンは80%以上、ファストスプレッドは80%未満と定められています。

バターはマーガリンよりも風味と味が良く、マーガリンはやわらかくてなめらかなので、チョコなどを練り込んで味のバリエーションを広げることができます。

ただし、バターもマーガリンも「脂質」を多く含んでいることに変わりはないので、少しでもカロリーを抑えたい方はファストスプレッドやカロリーハーフがオススメですね。

sponsored link