あなたは、シーツをどのくらいの頻度で洗濯していますか?

シーツは適切な頻度で洗濯しておかないと、ダニの温床になる危険性があり、特に梅雨のように高温多湿の季節は要注意です。

そこで、今回はシーツの正しい洗濯頻度についてまとめておきます。

シーツを洗わないとどうなるのか?

まず、シーツの適切な洗濯頻度について説明する前に、シーツを長い間洗わずに使い続けていると、どんな弊害や危険があるのか説明します。

人は、寝ている間にコップ一杯程度の汗をかき、その際に皮膚表面を覆っている皮脂や、髪の毛、フケなどがシーツに付着します。

そして、長期間シーツを使用していると、汗や皮脂の汚れがシーツの線維に染み込み、それらを栄養源としてダニが爆発的に繁殖していきます。

では、ダニが発生するとどのような健康被害を生じる危険性があるのでしょうか?

sponsored link

ダニが人に与える影響

実は、人の健康に悪影響を及ぼすのは、ダニそのものではなく、ダニが出す糞なのです。

一般家庭ではおよそ1mあたり500匹程度のダニが存在し、1匹のダニは生涯でおよそ500個もの糞をします。

つまり、ベッドの上にはおよそ25万個ものダニの糞が存在していることになり、シーツを洗わないと、ダニの糞まみれの環境で寝ていることになります。

 

もちろん、ダニの糞の大きさは状態にもよりますが、およそ直径1ミクロン程度なので目には見えません。

目に見えたら、誰もが毎日シーツを洗濯することでしょう…。

そして、人が呼吸するとこのダニの糞が肺の奥に入り込み、喘息やアレルギー性鼻炎を引き起こす原因になります。

そのため、このような病気にかからないためにもシーツは適切な頻度で洗濯する必要があるのです。

sponsored link

シーツの正しい洗濯頻度は…

では、上記の事実を踏まえて、シーツはどのくらいの頻度で洗濯すればよいのでしょうか。寝具の専門家は以下のように述べています。

夏場はとくに汗をかく季節なので、週に1回は洗ってほしいです。冬場であれば、2週間に1回程度を目安にする(日の本寝具)
出典:http://woman.mynavi.jp/article/130812-035/

このように寝具の専門家によると、冬場であっても2周間に一度は洗濯した方が良いということです。これからは、梅雨に入るので、高温多湿な環境でダニが繁殖しやすい環境が整っていますから、1周間に1回はシーツを交換する必要があります。

ちなみに、世の働く男性女性がどのくらいの頻度で洗濯しているのかマイナビが調査したところ、このような結果になりました。

Q.シーツを洗濯する頻度を教えてください

週1回:24.8%
月1回:20.4%
2~3週間に1回:20.2%
2~3ヵ月に1回:10.8%
分からない:8.0%
(半年に1回:4.2%、洗わない:3.8%、週2~3回:3.6%、4~5ヵ月に1回:1.6%、半年に1回よりも少ない:1.2%、ほぼ毎日:1.0%、週4~5回:0.4%)

調査時期:2012年7月21日~7月23日
有効回答:500人

出典:http://news.mynavi.jp/news/2013/01/10/232/

上記の調査は7月(夏場)に行われていることから、専門家の意見を参考にすると少なくとも週1回は洗濯する必要がありますね。しかし、この調査によると週1回以上洗濯している人は、以下の通りおよそ3割程度にすぎないのです。

週1回:24.8%

週2~3回:3.6%

ほぼ毎日:1.0%

週4~5回:0.4%

つまり、7割の方のシーツの上には大量のダニとその糞が存在しており、衛生上よくない状態で寝ていることになります。もし、あなたに喘息や鼻炎の症状が出ているのであれば、ダニが原因の可能性が考えられます。

シーツに限らず、脱衣所のバスマットやカーペット、ラグなども洗濯しないと、ダニやカビの温床となります。これから梅雨に突入するので、くれぐれもダニ対策として、こまめに洗濯することをオススメします。

まとめ

さて、シーツの適正な洗濯頻度としては、専門家によると以下が目安となります。

  • 夏場は週に1回
  • 冬場は2週間に1回

シーツを洗濯しないで長期間使用しているとダニの温床となり、喘息や鼻炎の原因となるので上記を目安に洗濯しましょう。特に高温多湿でダニの発育に適した夏場は要注意ですね。

sponsored link