sponsored link

マンションやアパートで生活していると、騒音に悩まされることがあります。私も大学1年のときに隣人の騒音に悩まされ、管理会社に仲裁に入ってもらい、なんとか解決したという経験があります。

巷では、防音グッズなるものが騒音対策に有効だとされていますが、実際のところほとんど効果は期待できません。

今回は、私の騒音体験も踏まえつつ、騒音に有効な対策についてまとめておきます。

防音対策グッズは効果ないので、安易に買わないこと

まず、マンションなどで騒音に直面した際に、多くの人は防音や遮音対策に躍起になって取り組みます。例えば、以下のような防音グッズは安価に購入できるので、使用した方も多いのではないでしょうか。

  • 耳栓
  • イヤーマフ
  • 防音・遮音カーテン
  • 防音マット
  • 防音シート

ただし、結論から言うと、上記のアイテムは騒音に対して、殆ど効果を発揮しません。それでは、私の騒音体験をもとに、これらのアイテムの効果について説明していきます。

sponsored link

私の騒音体験

私が、騒音問題に遭遇したのは、大学1年のときです。私は生協マンションに住んでおり、入居者は全員大学生でした。

このとき、騒音源となったのは隣の部屋であり、深夜における複数人の談笑に悩まされることになったのです。隣人が大学生ということもあり、毎日のように友人を部屋に招いては、夜8時頃から深夜2時頃までバカ騒ぎしていたのです。

最初は一時的なものだろうと考えて、我慢していたのですが、数週間たっても騒音は一向に改善されず、次第にストレスで夜眠れなくなり、不眠症に陥ってしまったのです。

私は気弱だったこともあり、相手に「深夜の談笑はうるさいのでやめてくれ!」と言えなかったのです。さらに、後でトラブルになるのが怖かったので、管理会社などにも相談できず、どうしようかと途方に暮れていました。

そこで、ネットで防音対策グッズを購入することにしたのです。

耳栓

まず、耳栓ですが、気休め程度の効果もありませんでした。ちなみに、私が購入したのは「サイレンシア」という安価な耳栓で、ドラッグストアなどで500円程度で販売しています。

この商品のパッケージには人の声の遮音に関して何も書かれていませんが、取説を読むと、以下のように明記されています。

人の声や目覚まし時計のベルなど、生活に必要な音は通します

そして、ネットでさまざまな耳栓について調べたり、メーカーに問い合わせて情報収集しましたが、人の声を完全に遮音できる耳栓は見つかりませんでした。

メーカーいわく

「火事などの緊急時に人の声が聞こえないのは大問題なので、市販の耳栓で人の声を遮音できるものはないと思います。」

ということでした。

なので、騒音源が人の声であるならば、耳栓で完全に防ぐことは難しいと考えられますね。

sponsored link

イヤーマフ

イヤーマフは、工事現場などでドリルなどの重機を使っている作業員の方が耳につけている防音用の耳あてですね。

こちらの商品は通販で6000円くらいしますが、低音から高音までの広い周波数帯の音を消し去るということで、思い切って購入しました。

耳栓よりはマシでしたが、やはり人の声をカットすることはできませんでした。しかも、耳と頭が当たる部分にクッションがついているとはいえ、耳を圧迫するのでイヤーマフをつけて寝ることなど不可能でした。

耳への負担も大きいので、オススメしません。

防音カーテン

防音カーテンで窓を覆い、カーテンボックスでレールと窓のスキマを塞ぐことにより、少しだけ遮音効果はありましたが、深夜に馬鹿騒ぎしている大学生の声をカットするにはいたりませんでした。

というわけで、防音グッズでは人の声をカットすることは困難であり、安易に防音グッズを購入することはオススメしません。

管理会社に相談を

防音グッズでは、騒音問題を解決することは不可能だと考え、管理会社に相談することに決めたのです。幸いにも、私の住んでいたマンションは大学生協が管理しており、過去にも住人の間で騒音トラブルがあったことから、管理会社にもきちんとした対応マニュアルが用意されていたのです。

そのため、管理会社の担当者が、隣人に対して、電話で注意してくださり、騒音が酷いときには、直接隣人の部屋を訪問して、口頭で厳重注意してもらえました。

その甲斐あって、管理会社に相談してから、1週間後には騒音問題は解決しました。

まとめ

マンションの騒音に悩まされている場合、人の声が騒音源であるならば、防音グッズで解決するのは難しいです。そのため、管理会社に電話して、対応してもらいましょう。

自分で直接注意すると、後々トラブルを引き起こす可能性もあるので、オススメはしません。管理会社には、騒音トラブルに対応する部門が用意されている場合が多いですから、警察などに通報する前に、管理会社に相談してください。

sponsored link