こんにちは、タケルです。

以前から、多くの読者様よりビジネス文書の書き方について、お問い合わせいただいておりました。そこで、今回は、サラリーマンがよく書くであろうビジネス文書の書き方を以下にまとめておきましたので、文書作成が苦手な方は是非参考にしていただければ幸いです。

始末書の書き方と例文まとめ 「サラリーマンのよくある失敗事例における文例を紹介」

顛末書の書き方と例文を紹介 「いざというときのために書き方のルールを知っておこう」

稟議書の書き方と例文7選 「伺い書作成の5つの要点を押さえよう!」

報告書の書き方と例文まとめ 「まずは7つのポイントを押さえよう」

始末書や顛末書は、できればサラリーマン人生において一度も書きたくはないのですが、不注意や気の緩みから不始末を起こしてしまい、会社に迷惑をかけてしまうこともあります。そのようなときに、慌てることがないよう、事前に文書の書き方のマナーを理解しておき、文例を覚えておきましょう。

私は、入社2年目のときに、大事な社外秘の設計図面を外注先に置き忘れるという失態を犯してしまし、始末書と顛末書を書いた経験があります。当時は、始末書や顛末書など何を書けば良いのかも分からず、オロオロするばかりでした。

このようなときに、書き方や文例を知っておけば、すぐに上司に提出することができます。ミスや失敗を起こしたときは、対処するスピードが重要なので、文書作成などに時間を取られている場合ではありません。

イザというときのために、ビジネス文書の書き方を理解しておきましょう。