「人生に疲れた…」

「生きるのが辛い」

このように感じたときの対処法についてまとめておきます。

人生に疲れたときの対処法

生きるのが辛いと感じたとき、おすすめの対処法は以下の6つです。

  1. 嫌なことは紙に書いて捨てる
  2. 行動で心を変える
  3. 逆立ちする
  4. 完璧主義を止める
  5. 寝る前30分に気をつける
  6. 「今まで」より「今から」を考える
  7. 本を読む

では、順番に説明していきます。

 

1.嫌なことは紙に書いて捨てる

生きるのが辛いと感じる原因には、人間関係のトラブルが挙げられます。

人と喧嘩をしたり、嫌なことを言われた場合でも、その日のうち綺麗サッパリ忘れてしまえるような方法を知っておくと、人間関係のストレスを溜め込まずに済みます。

そこで、おすすめの方法としては、嫌なことは紙に書いて、ぐちゃぐちゃに丸め、嫌な気持ちと一緒にゴミ箱に捨ててしまうという手法です。

 

これは、精神科医が臨床試験で、実際に使用している方法であり、ストレス解消に有効とされています。

他にも、ため息をついて、嫌な気持ちを自分の内側から外に吐き出すのも効果的です。軽いストレスであれば、「飲む」「食べる」「話す」「買う」「寝る」といった方法で、簡単に除去できます。

 

2.行動で心を変える

落ち込んだり、ふさぎこんだときに、ネガティブな心を変えるには、ポジティブな行動を取るのが効果的です。

例えば、鼻歌を歌いながら、落ち込むことは難しいですし、スキップしながら怒れる人はいないでしょう。

口角を上げれば笑顔になり、笑顔になれば、気分も徐々に晴れていきます。

 

私は、会社に行くのが苦痛だった時期には、毎朝出社前にyoutubeでお笑い動画を見たり、好きなアーティストの歌を口ずさんで笑顔になり、ポジティブな気持ちで家を出るようにしていました。

 

3.逆立ちする

人生に疲れてしまう人の特徴として、日々の小さな疲労や心労が長期間蓄積してしまい、何も行動したくない気持ちになる点が挙げられます。

その日に疲れやストレスを消し去る方法として、最も手軽な方法は逆立ちすることです。

逆立ちすると、血の巡りがよくなり、疲労の元である乳酸が分解されるので、疲れを翌日に持ち越さずに済みます。

 

逆立ちする際には、嫌なことが全て、頭の先や手の先をつたって、抜け出ていくことをイメージするとさらに効果が高くなります。

体と心の健康を保つうえで、血の巡りは非常に重要なので、騙されたと思って、是非実践してみてください。

sponsored link

4.完璧主義を止める

サラリーマンは、何か大きな仕事を終えると、急に脱力感に襲われ、やる気が全く湧かない状態になることがよくあります。

これは、何かを達成してしまうと、脳の中の意欲に関するドーパミンが枯渇してしまい、快感がなくなってしまうからです。

そのため、その日のうちに仕事を全部済ませてしまうと大きな達成感はありますが、翌日にはゼロから他の仕事をスタートさせなければならないので、仕事に対して意欲を出すのに時間がかかってしまいます。

 

また、残業などで帰宅が遅くなると、疲れを翌日に持ち越してしまう可能性が高まり、毎朝疲労感や脱力感に悩まされることとなります。

そこで、仕事は7割くらい終えたところで帰宅しましょう。そうすれば、翌日仕事に取りかかるときに、残りの3割をやれば終わると考えられるので、完成も近いと思い、仕事に対する意欲を維持できるのです。

 

5.寝る前30分に気をつける

「人生に疲れた」「生きるのが嫌になった」と感じるほど思い悩んでいる人は、質のよい睡眠を取れていないことが原因で、疲れやストレスを溜め込んでしまっているケースがあります。

毎日、良い眠りをとるには、寝る前の30分間が重要だと言われています。

例えば、眠りにつく直前まで仕事をしたり、テレビを見ていると、覚醒や緊張を司る交感神経が優位となりるので、脳が興奮してしまい、休むことができないのです。

 

そこで、寝る30分前には、のんびりしたリラックスタイムを過ごし、リラックスや緩和を司る副交感神経が優位な状態に切り替える必要があるのです。

ゆったりした音楽を聞いたり、アロマの香りでリラックスするなどして、30分は脳を休めて、睡眠への準備をしましょう。

 

6.「今まで」より「今から」を考える

人生に疲れたと感じるときは、過去を振り返り、ネガティブなことばかりを考えてしまいがちです。

そして、未来についてポジティブに捉えようとしても「何も変わらない。変われない」などと思ってしまい、なかなか物事をプラスに考えられないものです。

しかし、「男子三日会わざれば刮目して見よ」ということわざがあるように、人はたった3日で劇的に変われるのです。

 

そもそも、有限の命の前では、誰もが平等であり、「自分だから無理」だという根拠はどこにもありません。

「私には、できる」と決心し、覚悟を決めたときが、本当のスタートであり、あなたは「今」「ここから」本気を出せば、どうにでもなれるのです。

「今まで」を振り返るよりも、「今から」をどう生きるか考えましょう。

 

7.本を読む

昨今のストレス社会の影響で、「人生がつまらない」、「生きるのがつらい」と感じる人が以前より増えていると言われています。

そんな人におすすめなのが読書です。

そもそも、読書はストレスを解消する手段でもありますし、自分の視野を広げたり、新たな価値観を得たりすることもできます。

 

 

例えば、上記の本は人生の方向に迷っている人や指針を求めている人におすすめしたい一冊です。

なお、今なら上記のような自己啓発書や実用書、ビジネス書、漫画などを1冊を無料で購入する方法があります。

詳細を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

本を1冊無料で手に入れる方法はこちら

 

まとめ

もし、あなたが「生きるのが辛い」「人生に疲れた」と感じるのであれば、まずは以下の6つの方法を実践してみてください。

  1. 嫌なことは紙に書いて捨てる
  2. 行動で心を変える
  3. 逆立ちする
  4. 完璧主義を止める
  5. 寝る前30分に気をつける
  6. 「今まで」より「今から」を考える
  7. 本を読む

人生に疲れたと感じるほど思い悩んでしまうのは、日々の疲労や心労が長期間にわたり蓄積して、心が耐え切れなくなっていることが原因と考えられます。

そこで、まずはあなたが抱えている不安を内側から外へと追い出してやりましょう。

それから、生活習慣を見直し、疲れや不安を翌日に持ち越さないようにすることが大切です。

sponsored link