sponsored link

ゴースト血管の予防方法が「世界一受けたい授業」の9月12日放送回で判明したので、その対策をまとめておきます。

ゴースト血管の基礎知識

さて、ゴースト血管の予防法について説明する前に、ゴースト血管に関する基礎知識を理解しておきましょう。まず、ゴースト血管というのは、血液が流れていない血管のことを指しています。

血管には、動脈や静脈のような太い血管とそれらをつなぐ役割りを担う毛細血管があります。毛細血管は、身体を構成する血管の9割以上を占めており、太さは会の毛の10分の1程度なのです。

そのため、毛細血管は脆くて、紫外線や活性酸素の影響により傷ついてしまうこともあります。また、加齢により、血管が老化すると、毛細血管により酸素や栄養分などが運ばれなくなるため、肌の老化や病気などの不調が徐々に体に表れ始めます。

そして、傷ついた毛細血管は、血管として体に残っているものの、酸素や栄養素を運搬するという機能は果たしておらず、血液が全く流れない状態で存在するものも出てきます。これが、ゴースト血管の正体です。

では、ゴースト血管が増えると体にどのような影響が生じるのでしょうか?

sponsored link

ゴースト血管による弊害

毛細血管がゴースト血管化することで以下のような症状が表れ始めます。

  • 肌のしみ、しわ、たるみ、くすみが目立つ
  • 冷え症
  • 抜け毛
  • 病気の発症

まず、先に説明したように、毛細血管が傷つくと、ハリやツヤのある肌の状態を維持するために必要な酸素や栄養素を肌の細胞に供給できなくなるので、肌の劣化が目立つようになります。そして、ゴースト血管が増えると血流が滞り、末端まで血液が行き届かなくなるので、冷え症の症状が表れます。

また、頭皮の毛細血管がゴースト化すると、毛根に栄養素が供給されなくなるので、抜け毛につながります。他には、血流が悪くなることで、以下のような病気を併発する恐れがあります。

  • 骨粗しょう症
  • アルツハイマー病
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 各臓器の機能障害

では、このような恐ろしい病気を引き起こすゴースト血管を防ぐには、どうすれば良いのでしょうか?

ゴースト血管の予防法

まず、結論から言うと、Tie2という成分を含む食べ物を摂取することで、血管の老化を防ぎ、ゴースト化させるのを予防できるとされています。そして、Tie2を含む食品として、現在注目されているのが「シナモン」なのです。

ここで、シナモンには中国産の「桂皮」とスリランカ産の「セイロンシナモン」の2種類がありますが、どちらにも血管の老化を予防する効果があります。そもそも、「桂皮」には冷え症を予防する効果があります。

そして、血管の老化を防ぐためには、シナモンを1日0.6g摂取する必要があります。0.6g程度であれば、朝食のトーストにシナモンパウダーをふりかければ、十分摂取できる量です。

では、シナモンを使って手軽に作れる料理を紹介しておきます。

  • ラム酒シナモン入りミルクティ
  • ココアシナモンティ
  • シナモンレーズン入りバタートースト
  • メープルシロップ入りバナナシナモン
  • チーズシナモントースト

シナモンは、バナナやリンゴなどの果物やチーズ、バターなどの乳製品との相性が良いので、様々な料理にちょい足しすることで、シナモンのコクと風味が効いた料理へとグレードアップします。

sponsored link