資格試験に合格するためには、単語や事柄について暗記しなければならず、覚えるのが苦手な人にとっては一苦労です。

そこで、今回は資格取得に役立つ暗記法を紹介します。

6回転記憶法

資格試験の暗記には6回転記憶法が効果的であり、一度覚えたことを忘れにくいという特徴があります。

エビングハウスの忘却曲線によると、人はある事柄を記憶してから、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後に77%、1か月後に79%を忘れてしまうと言われています。

つまり、記憶した後に、覚え直すという作業をしないと、わずか1日で覚えたことの半分以上を忘れてしまいます。そこで、この覚え直すという作業に効果的なのが、6回転記憶法なのです。

6回転記憶法のやり方

では、6回転記憶法のやり方を説明していきます。

手順1

資格試験の参考書などを確認し、暗記すべき単語や事柄をすべてピックアップして、暗記リストを作成します。そして、リストの暗記項目を毎日寝る前に覚えていきます。

そもそも、記憶は寝ている間に定着しやすいので、就寝前に暗記するのが最も効率的なのです。

手順2

手順1の暗記作業を行ってから1日後に、きちんと暗記できたか確認します。先に説明したエビングハウスの忘却曲線によると、1日後に記憶した事柄の74%を忘れてしまうので、暗記したら翌日に必ず覚え直す作業を行うことが重要です。

手順3

最初に暗記作業を行った日から3日後に、再度暗記できているのか確認します。特に、手順2で覚え直す作業をした事柄については、忘れやすい内容だと言えるので、この段階で覚えられているのかチェックしましょう。

sponsored link

手順4

最初に暗記作業を行った日から1週間後に、また暗記チェックをします。手順3で暗記できていなかった事柄を中心に、暗記リストの内容を覚えなおします。

最初に暗記の作業をしてから1週間も経過しているので、手順2や3で覚えられていた事柄も忘れている場合がありますから、より念入りに暗記作業を行います。

この段階で、暗記リストの項目のうち1つでも覚えられていない事柄があれば、これから説明する手順5には進まずに、手順3に戻って、3日後に再度暗記できているか確認します。

そこで、正しく記憶できていれば手順4に進みます。

手順5

最初に暗記の作業をしてから2週間に、暗記チェックを行います。徐々にブランクが長くなってくるので、暗記リストの記憶漏れがないか慎重に確認していきましょう。

ここで、記憶から抜け落ちている単語などがあれば、手順3に戻り、3日後に再度暗記チェックを行います。そこで、記憶できていれば、手順4に進みます。

手順6

最初に暗記してから1か月後に、記憶チェックを行います。ここで暗記できていない事柄があれば、これまでと同様に手順3からやり直しましょう。

逆に、ここですべて暗記できていれば、6回転記憶法は完了です。この時点で暗記できている事柄は、記憶に深く定着しているので、ちょっとやそっとでは忘れません。

というのも、私はこの6回転記憶法で暗記した英単語を未だに覚えています。しかも、この英単語は普段のビジネス会話などで全く使用していなかったものなので、6回転記憶法の効果は高いと言えます。

まとめ

資格試験には、6回転記憶法が有効であり、一度記憶したことを忘れにくいという特徴があり、反復して記憶することで、覚えた事柄がしっかりと記憶に定着します。

短期間で大量の事柄を覚える必要がある場合は、是非活用してみてください。

sponsored link