林修の今でしょ!講座の7/21放送回で紹介されたダイエット方法についてまとめておきます。

※番組放送と同時に追記していきます。

 炭水化物抜き糖質制限ダイエット

番組では、内臓脂肪に詳しい名医として、池谷医院の院長である池谷敏郎先生がダイエットについて解説しています。まず、安易な糖質制限ダイエットは大病を患ったときに生還率が低くなると言われています。

池谷先生によると、炭水化物抜きや糖質制限ダイエットは正しいやり方で実践すれば、非常に有効な方法であるとしていますが、やり方を間違えている人が多いとのことです。誤った炭水化物抜きダイエットを実践すると、ダイエットに成功して痩せたように見えても、実際は脂肪がほとんど落ちていないケースが多々見受けられるのです。

では、正しい糖質制限ダイエット、炭水化物抜きダイエットとはどんな方法で行うのでしょうか?

正しい糖質制限ダイエットは、炭水化物(糖質)を摂取しない代わりに、タンパク質や脂質などで1日の活動に必要なエネルギーを補います。そして、間違ったダイエット法は、炭水化物抜きにしたことで不足したエネルギーを、他の食べ物で補充しないダイエットを指しています。

そして、このような間違ったダイエットを実践していると、サルコペニア肥満という状態に陥ってしまいます。

sponsored link

サルコペニア肥満

まず、糖質制限ダイエットで、炭水化物抜きにより不足したエネルギーをタンパク質や脂質で補わない状態が続くと、体は足りなくなったエネルギーを捻出するために、筋肉を燃やしてエネルギーを作り出します。そのため、脂肪が燃焼するのと同時に、筋肉も燃えて小さくなってしまうのです。

これが、サルコペニア肥満と呼ばれる状態であり、筋肉量が健常者よりも少なくなった状態に陥ります。つまり、間違った糖質制限ダイエットでも痩せるのですが、筋肉量が低下し、サルコペニア肥満になるリスクが高いのです。

では、なぜサルコペニア肥満になると大病からの生還率が下がるのでしょうか?

サルコペニア肥満と大病の関係

まず、人間は大病を患い、生命の危機に貧した際には、筋肉が免疫力を上げる役割を担っています。例えば、風邪をこじらせてしまい肺炎を発症した場合は、体は筋肉を壊してアミノ酸を作り、アミノ酸がリンパ球を刺激することで、体の免疫力を高めて、危機的状況から脱しようとします。

つまり、筋肉量が少ないと、いざというときに闘病ができず命を落とすリスクが高いということです。

サルコペニア肥満チェック

サルコペニア肥満を発症していないかチェックする方法としては、片足立ちでよろめかずにソックスを正しく履けるかどうかで確認できます。片足立ちできちんとソックスを履くことができれば、下半身の筋肉が正常についていると判断できるので、サルコペニア肥満には陥っていないことになります。

sponsored link

ダイエット新説

池谷先生によると、内臓脂肪を落とすことで、アディポネクチンというホルモンが分泌されるため、痩せやすい体になるということです。アディポネクチンは、内臓脂肪を形成する中性脂肪の燃焼を促す効果があり、内臓脂肪が少なくなるとアディポネクチンの分泌量が増えるので、より痩せやすい体になるのです。

そもそも、内臓脂肪が増えると体に害を及ぼす悪いホルモンの分泌量が増え、内臓脂肪が減ると健康に寄与する良いホルモンの分泌量が増えます。内臓脂肪は溜まりやすく、燃えやすく、減らしやすいと言われていますが、どのようなダイエット方法を実践すれば、効率よく脂肪を燃焼させることができるのでしょうか?

名医のダイエット方法

まず、内臓脂肪を減らす特製ジュースの作り方について説明します。以下の食材をミキサーにかけましょう。(以下は3人前)

  • にんじん4本
  • りんご半個
  • レモン1個
  • 亜麻仁油 小さじ半

毎朝、この特製ジュースを飲むことで脂肪燃焼効果を高めることができます。

次に、有酸素運動は30分以上行わないと脂肪は燃焼しないと言われていましたが、実際には5分程度の有酸素運動でも脂肪は燃えるのです。そして、脂肪燃焼効果の高い運動としては、椅子に座った状態で、両足を上げて空中で保持し、足首を前後に曲げる運動が良いとされています。

これは、人の筋肉の7割が下半身に集中しているので、下半身の筋肉を刺激することで、効率よく脂肪を燃やせるからです。では、この足首空中曲げ運動のやり方を説明します。

  • 椅子に浅く腰を掛ける
  • 背中を背もたれに当てる
  • 足を浮かせる
  • 足首を前後に曲げる

次に、炭水化物(ごはん)は冷やして食べることで、消化されにくくなるため、体に吸収されて内臓脂肪として蓄積されにくくなります。よって、白米を食べる際には、冷蔵庫で冷やしたものを常温にして食べるとダイエットに効果的なのです。

最後に、池谷先生によると、お風呂に入る際には、湯船に30分間つかると、12分間のジョギングをしたのと同等の効果が得られるということです。そして、お風呂に入ることによる脂肪燃焼効果を高めるためには、入浴前にコーヒーを飲むことと湯船にグレープフルーツの皮を浮かべると良いとのことです。

グレープフルーツの香りは、交感神経を刺激するため、脂肪を活発に燃やす助けになり、同時にコーヒーに含まれるカフェインも交感神経の働きを活発にする効果があるのです。以上が、番組内で紹介された最新のダイエット方法でした。

sponsored link