外為どっとコムのシステム障害は、いつ復旧するのか気になります。そして、システム障害が原因により発生した損失は会社が補償してくれるのでしょうか?

※追記あり

システム障害の最新情報

まず、外為どっとコムのホームページを確認すると、システム障害について以下のような記述があります。

現在『外貨ネクストネオ』各チャネルにて緊急メンテナンスを実施しております。
本日(7/13)19:30現在『外貨ネクストネオ』全チャネルにて引き続き緊急システムメンテナンスを実施しております。
本システムメンテナンスが終了し次第、本欄にてその旨ご案内申し上げます。
大変恐れ入りますが、終了までの間、いましばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。本件につきまして、お客様に多大なるご迷惑をおかけいたしておりますことを、深くお詫び申し上げます。
出典:http://www.gaitame.com/ask.html

さらに、NHKニュースを確認すると、今回のシステム障害については、13日の13:00頃から売買画面にアクセスできない状態が続いており、外為どっとコムは15:00過ぎにシステムは復旧したと発表していますが、その後すぐに接続できない状態となったとのことです。

そこで、外為どっとコムのサポートセンターに電話して、システム障害がいつ復旧するのか確認しようとしたのですが、「電話が込み合っており、お繋ぎできません」という自動音声が返ってきました。

おそらく、外為どっとコムはサポートセンターに問い合わせが殺到することを見越して、電話してきたお客に対して、すべて自動音声で対応している可能性があります。つまり、システムが復旧するまでは、何度電話をかけても「電話が込み合っており…」という自動音声対応になる可能性が高いです。

ちなみに、外為どっとコムのサポートセンターの連絡先は以下となります。

0120-430-225

土日を除き24時間対応

出典:http://www.gaitame.com/ask.html

電話する際には、口座開設した際に、外為どっとコムから送られてきた登録情報を記載した会員証お手元に準備しておきましょう。では、システム障害により発生した損失は会社が補償してくれるのでしょうか?

sponsored link

システム障害中における取引損失はどうなる…

まず、結論から言うと、システム障害中の発生した損失を外為どっとコムが補償してくれる可能性は低いと考えられます。というのも、ドル円はシステム障害が起きた13:00頃から1円近く上昇しており、売りポジションを保有して、なおかつロスカット設定していなかった人は大きな含み損を抱えているはずです

さらに、外為どっとコムは5月末時点で口座数が39万もあり、一人一人の損失をすべて補償していたら、会社が破産してしまいます。そのため、システム障害により発生した損失を外為どっとコムに補償してもらえることは期待できません。

こういった事態が起きることは事前に想定できませんが、だからこそ、注文を出したら逆指値設定を入れておくことが重要なのです。逆指値注文しておけば、ドル円の売りポジションを保有していたとしても、すでにロスカットにかかっており、損失は限定されているはずです。

しかし、外為どっとコムのシステム障害が、単にユーザーが取引画面にアクセスできないという症状だけでなく、ユーザーが事前に入れていた指値、逆指値注文などを執行できないほど重大な障害であった場合は、ドル円を売りで保有していたトレーダー全員が大きな含み損を抱えていることになります。

18:30時点で、ドル円は爆上げしている状況であり、早くシステム障害を復旧させないと、ドル円を売りで保有しているトレーダーの含み損はどんどん膨らんでいきます。私ならシステム障害が復旧したら、即座に損切りしてポジションを手仕舞うことでしょう。

システムメンテナンス終了について

先ほど、外為どっとコムのHPにてシステム障害の復旧が完了したとの報告がありました。

本日(7/13)13:20頃~同日15:04頃の間、各チャネルに一時的にログインできなくなる事象が発生しました。
また本事象の解消のため、上記時間帯直後より同日21:52頃にかけて緊急メンテナンスを実施いたしました。
以上につきまして、お客様に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。
なお、現時点においては全チャネルへのログインが可能となっており、各種処理も正常になされております。

出典:http://www.gaitame.com/ask.html

sponsored link